宝くじはどういう人に当たっているの?

今回は、昨日まで販売していたドリームジャンボ宝くじにちなんで、宝くじシリーズ第2弾として、「宝くじってどういう人に当たっているの?」について、宝くじの公式サイトで調べてみました。なんでも高額当選者369人にアンケートで答えてもらった結果ということです。

 

まずは血液型から。

 

いちばん多かったのが A型で369人中144人(全体の39%)、次に多かったのが O型で107人(同29%)、B型77人(21%)、という具合です。A型の方の高額当選率が抜きんでて高いですが、大金を引き寄せる遺伝子でも入っているのでしょうかね。

 

次に年齢です。

 

こちらは男性も女性も60才以上の方が当選者の半数を占めているようです。そして男女共、50代(20~25%)、とのこと。ちなみに、40代以上が占める割合は、男性が89%、女性が91%ということです。ということは、男女とも30代以下の高額当選は10%程度ということですが、男女とも同じ傾向、しかも年齢が上がるほど高額当選する人の割合が増えるって不思議ですよね。

g

まず考えられることとしては、そもそも宝くじを買う人の数が若い人では少ない。宝くじを1回に買う金額が年代が上がるほど大きく、したがって当選する確率も上がる。

 

いろいろあるかと思いますが、スピリチュアル的に考えると、長年にわたって「徳」を積んでこられた方が、金運を手にして、その結果高額当選したということも考えられますね。他の言い方をすると、今若い方は、金運アップのためにできうる限りのことを行い、自分だけではなく自分以外の人たちのためになることを行うように今から心がけて徳をつんでゆけば、いつか金運というご利益をいただける可能性があるということかもしれません。

 

職業は、会社員が約4割、無職が2割、そして自営業・主婦がそれぞれ1割ということです。外に出る機会が多い人、または自由に外出できる時間がある人が高額当選に近づくということは、なんとなく想像できるかと思います。

 

そして高額当選者の星座です。

 

聞いてがっかりしたくはないですが、一番多いのは獅子座で11%。あれっ、12星座だから1位で11%ということは星座の型よりはあまりないのかな。2位と3位は同率で水瓶座と牡牛座だそうです。そして一番少ないのは、射手座とのことでした。

 

さて、見方をちょっと変えて、高額当選した人の宝くじの買い方を見てみましょう。

 

当たっている人って、やはり続けて買い続けている人のようです。

テレビやネットニュースなどを見ていると、毎回ジャンボ宝くじの時期になると、例えば東京であれば西銀座デパートの宝くじ売り場に超長~い列に並んで2時間くらい待って購入されている方もいるようです(私も昔、並んだことがありましたが、その後は並ぶ前から気持ちで負けて、再び並ぶことはありませんでした。)が、この辺りはどうなんでしょう。

 

高額で当たっている方の多くは「いつも買っている売り場」「出かけたついでに」で買って当選されているようです。高額当選売り場で狙って買った人は全体の1割程度でした。特別気合いを入れて、何時間も並ばなくても、当たるときは当たるんだと思うと、ちょっとハードルが下がって気が楽になりますね。

 

購入の際にこだわったことは。

 

「連番・バラの割合」にこだわったという人が17%、次いで「買う日にち」と「売り場の雰囲気」がそれぞれ13%でした。

 

「買う日にち」にこだわる方ってやはりおられるんですね。私も、今回は最終日に駆け込んだので買う日へのこだわりがあったとはとても言えませんでしたが、次回からはちゃんと日柄をチェックして、例えば一粒万倍日に購入して、購入した金額が何万倍になりますようにと毎日長福寿寺の吉ぞうくん(以前の記事をご参照ください)お守りを撫でて願を掛ける位の事はしないといけないな、と反省しているところです。(笑)


f:id:Kokoromachi:20220603225027j:image

 

調査を終えて思ったのは、よく「無欲の勝利」とか言いますが、宝くじの場合、受験や競争事ではないのであまりギラギラした目で金運を追いかけずに、普段からの行いを積み重ねることで、結果として高額当選を手にするくらいが、気の持ち方としては良いのではないかということでした。

 

さて、今回で宝くじのことは一旦忘れて、金運アップに向けてスピリチュアル面で出来ることをやる、ということに注力しようと思います。

 

でも、心のどこかで「当たると良いな~」ってこれから毎日思っていそう(笑)

 

- 完 -

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 金運アップへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村