フルーツサンドといえば東京目黒「果実園リーベル」

このブログでスイーツ部門の最初にピックアップしたかったお店は、知る人ぞ知るではありますが、東京目黒にお店を構える果実園リーベルです。

 

こちらは、有名なグルメサイトでもかなり高い評価となっていること、惜しげもなくふんだんにフルーツを使ったメニューの多さは、どのグルメサイトを見ても、都内の他の同業のお店の追随を許さないくらいだったことで、思わず一目惚れをしてしまった、かなり以前から気になっていたフルーツパーラーです。

 

立地は、JRの目黒駅から徒歩で3~4分の目黒通り沿いのマンションの2階ですが、おしゃべりなどしながら歩いているとウッカリ通り過ぎてしまいそうになる方もいるようですので、気を付けましょう。(笑)  通りから目立つ緑色の階段を上るとお店の入り口です。

 

このお店のHPを見てみると分かりますが、このお店のオーナーの方の直筆サイン入りで、「果実園のこだわり」として、お店のポリシーをしたためられています。まとめてみましょう。

 

・果物は特別な食べ物ではなく生活に密着したものなので、どのメニューにも果物を付けるなど、お客様には常に身近に果物を感じていただけるように配慮している。

・50年近く果物の仕入れを続けるオーナー自らの目利きと人脈で市場から熟した果物を仕入れ、一番良い状態で出せるよう、細やかに管理している。

・とはいえ、品質にこだわり過ぎると気軽に食べられる値段に設定できなくなるので、その日その日の商品を楽しんでもらいたい。

 

お店は、新型コロナ禍の中、2020年5月7日にリニュアルオープンしました。これは概ね好評のようで、特に店内の仕切りがなくなって照明も明るくなり解放感が感じられるようになりました。テーブルも広く隣のテーブルとの距離も適度に取られていて、ゆったり過ごせそうです。

 

客層は、平日は近所の奥様や若い女性がほとんど、子供連れも安心して入れそうです。休日はカップルも多く、店の外まで列ができるほどの人気店。フルーツはみんな大好きだし、しょうがないですね。(笑)

 

ちょっとだけ気になるクチコミとしては、お店の方の接客態度に不満を感じたと言っている方が少なからずいたことです。特定の方というのではなく全体的な印象のようです。この点については、大多数の方はクチコミで特に不満を口にされていないところを見ると、人ぞれぞれで、お客に媚びないのを不愛想だととらえる人もいるだろうし、サービス精神旺盛でなくても味で満足できればよいと考える人もいるということでしょう。水が出てこないとか、なかなか注文を取りに来てくれないとかだと困りますが。

 

営業は、朝7時半からモーニングスタート、夜はなんと23時まで年中無休で営業されているとのことです。クチコミからは、日曜日なら朝9時前、平日なら夜が狙い目のようで比較的空いているようですよ。

 

メニューを見ると、どれもものすごく美味しそうなので、本当に迷ってしまいます。

 

メニューを大きく分類すると、

・フルーツパルフェ(パフェ)

・フルーツサンドやフルーツたっぷりのパンケーキ

・ズコット(フルーツケーキ)

・各種お食事と飲み物

となりそうです。

 

全て気になりすぎて、どれからご紹介したらよいのかとても迷います。(笑)

 

それでは、いくつものサイトから100近い数のクチコミに目を通し分析した結果に従い、絶対オススメのメニューをご紹介してゆきますね。

 

1. フルーツサラダ

 

なんと、口コミが最も多かったのが、このフルーツサラダです。それはそうでしょう、フルーツそのものなんだから。しかもフルーツパーラーの厳選されたフルーツをそのまま召し上がれというのがフルーツサラダなんだし、オススメと言われても、なんかね~、と思われるかもしれませんね。

 

でも、クチコミが多いということは、実際に注文している方が多いということだし、美味しければフルーツそのものでも構わないじゃないか、と割り切って、クチコミの内容を見てみましょうか。

 

フルーツサラダは、ひと皿に平均15種類のフルーツがおおよそ2切れずつ入っています。イチゴとかぶどうとかフルーツの種類で年間25種類くらい、さらに、イチゴだけ見ても「とちおとめ」とか「あまおう」といったブランドや産地で細分すると恐らくその倍くらいのフルーツが季節の移ろいに合わせて

月替わりのように顔ぶれを少しずつ変えながらお皿に乗ってでてくるので、毎月食べに行っても絶対飽きないと思います。


f:id:Kokoromachi:20220517220938j:image

 

その中で、一年を通していつもお皿に乗って来るフルーツは、イチゴ、スイカ、マンゴー、キウイ、そしてパイナップルです。

 

イチゴは冬、スイカは夏のフルーツというイメージですが、今やビニールハウスやその他の技術の進歩で一年中味わえるフルーツになったということでしょうかね。

 

イチゴについて言うと、「とちおとめ」とか「あまおう」とういったブランドイチゴは12月から3月が狙い目のようです。そのほか、流行りの「白イチゴ」なども出て来るようです。

 

次に、1年のうち毎月ではなくてもほとんどの月に味わえるフルーツとしては、ラズベリーブラックベリー、ブルーベリーのベリー3姉妹(笑)、グレープフルーツ、そして柑橘類です。

 

柑橘類ですと、オレンジ、紅マドンナなどのみかん類のほか、有名な「せとか」、「日向夏」、「デコポン」、「湘南ゴールド」などです。種類とブランドがごっちゃになってしまいましたが、言いたいことは、いつ行っても同じものが出てくるのではなく、行くたびに、今回の柑橘系はなんだろう、という楽しみがあるよね、ということです。

 

毎月のようにお目にかかれはしないけれど、こんなフルーツも出て来るよ、という意味では、桃(6~9月頃)やブドウ(7月~年内)、リンゴ(11~2月)、梨(8~11月)、柿(11~1月)などは当たり前として、いちじく、スターフルーツ、ザクロ、そしてドラゴンフルーツなども味わうことができますよ。(ここに書いている月は、昨年の実績です)

 

厳選されたフルーツパーラーのフルーツが平均15種類も乗ったフルーツサラダプレートですが、お値段は、たったの1,200円。これは絶対お得ですよ。

 

絶対に一度は味わわなきゃいけないと思いますが、じゃあ今度是非ココのフルーツサラダを食べに行こう!と決めつけるのは時期尚早です。

なにしろ、このお店には、フルーツ&スイーツ好きにはたまらないメニューが他にもいろいろあるからです。

 

次回は多くの方が、このお店に言ったら絶対に食べると言うメニューをご紹介しますね。

 

- つづく -