金運はある日突然やって来る、ことはないらしい

以前の記事でも書きましたが、私は、今年の目標として「今年からは心を入れ替えてお金を大事に増やしてゆく!」と誓い、今年の最大強運日(一粒万倍日と天赦日、そして寅の日という開運日が年1回のみ3つも重なる日)であった3月26日から、「金運アップに向けて出来る限りのことをする」ことを始動しました。

 

このブログをたまたま目にして下さった方の中にも、私と同じように「今年弧をお金を貯めるぞ!」と誓いを立てたものの、まだ具体的な行動に移せていない人も居るのではないでしょうか。

 

このブログでは、私自身が誓いを果たすために、ブレずにモチベーションを維持し突き進んで行けるように、自分が調べた結果みなさんと共有したいと思った情報やお勧めしたい情報なども発信してゆきますね。

 

一言で「お金を増やす」と言っても、その考え方や方法は星の数ほどありますよね。例えば、最近よく目にするFXとか株の運用みたいに自分の蓄えを元手にして株や金融商品に投資して儲けようとするやり方なんかも立派な増やし方だと思います。ですが、私の場合は、本来が飽きっぽい性格で且つ面倒くさがり屋、しかもリスクは極力背負わないポリシーなので、FXや株には全く興味がわきません。

 

それよりも、昔からとても興味があるスピリチュアル的な、神憑り的な、あるいは風水的な、そういったこれまで胡散臭いと敬遠してきた物事に対して、一旦、先入観をリセットして信じてみることで、金運や運気をアップすることに本気で賭けてみようと思います。(本当に本気です!(笑))

 

自分自身に対してひとつだけルールを定めます。

そのルールとは、「のめり込み過ぎない、お金を掛け過ぎない」です。なんか、先ほどお話した「これまで胡散臭いと敬遠してきた物事に対して、一旦、先入観をリセットして信じてみる」のと矛盾しているようにも見えますが、そんなことはありません。

 

要するに、ある宗教にどっぷり心酔してしまってお布施を際限なく行うとか、風水グッズ集めに過度に走る、ようなことはしません。世間には時々、お金を積めば積むほど徳も上がると言って、信者からお布施と称してお金を集める宗教の話を聞くことがありますが、そもそも神仏が「願いを叶えたり徳を積ませるために、人間の欲とか執着にほど近いお金と言う物質の提供」を求めるなんていうことがあるんでしょうか。

 

神様や仏様、風水(統計学?)を純粋な心で信じ、霊感がないなりに心を通わせようと努め、祈りを捧げ、教えを参考にして生活することで、金運がついて来てくれるのであれば、そのことをこのブログで検証できれば、それがわたしにとっても皆さんにとっても最大の収穫になるかもしれません。(言いすぎかな(笑))

 

こういったテーマは、結論だけを示すような情報が多いですが、私は、まったくの知識ゼロ状態から少しずついろいろなものを理解し自分のものにするプロセスも大事だと思うので、実際にやってみたことの経験ややり方をみなさんと共有するだけでなく、言葉の意味とかルーツなども本当に理解したうえで前に進めるように、そしてみなさんと共有できるように勧めて行ければと思います。

 

少しでも興味ある方は、今後ともよろしくお願い致します。

 

- 完 -